その後にシミができそうで不安

適度に日焼けした小麦色の肌は、健康的で明るく若々しさを与えられることが多いですが、日焼けしたら、その後にシミができそうで不安という悩ましい一面があります。

今よりシミが増えたら困るのなら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。

顔にシミが出来ないようにするコツは、日焼け止めを入念に塗ること、あと、自宅に着いたらローションなどで炎症を抑えてください。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットに思い切って挑戦してみたら、3キロも減量できたので、ダイエット的には成功です。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。

ファスティングダイエットがしわとどう関係しているのかわかりませんが、タイミングとしては何とも言えませんから、ともかく、今はスキンケアを重点的に行うつもりです。

肌はなるべく若いうちから手をかけてあげた方がいいのですが、スキンケアを全くしないで、若いしまだまだ問題はない、と思っていませんか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。

シワがなぜできるのかというと、その原因は肌に与えらえる紫外線の刺激や乾燥によるダメージですが、ダメージが日々蓄積していくことが肌にとって大きな問題なのです。

ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。

シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはパックではないでしょうか。

その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための有意義な時間です。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

普通のプレーンタイプのヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節しこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。

冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

もともと肌が薄い人は、肌に厚みのある人よりもシワができやすいと聞いたことはおありでしょうか。

もし、自分はシワができやすいかも、と疑っている人は自分の肌を少し確認してみるといいでしょう。

肌から血管が青く透けて見えているなら、大体薄い方だと考えてよいでしょう。

皮膚が薄いことと、シワのできやすさがどう関係するかというと皮膚に厚みのある場合と比べ、皮膚に水分を溜めておけませんから、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。

肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には常日頃から気にかけるようにしてください。

乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などがヨーグルトは豊富です。

乳酸菌は腸内環境を整え、健康で潤いのあるお肌を作ります。

ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする重要な栄養素です。

また、フルーツ酸は皮膚表面の角質層が緩んで、はがれていくようにする作用があることで知られています。

このような栄養素の摂取がお肌のシミ、くすみを防ぎ、改善する大きな効き目があるので、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

つい最近の話ですが、スキンケア中にふと思いついたことがあります。

それはこういうものでした。

柔らかい質の肌にはしわはできにくくなるのかもしれない、ということなのです。

目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、しばらく前から炭酸パックを始め、以前より肌に柔らかさが出てきたことを、感じるようになったころにはしわは、それほど目立たない感じになってきたようでした。

炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。

一時は大ブームとなったガングロですが、最近になって再び、ブームが起こりそうな気配です。

数あるスタイルの一つとしてなじんできたのかもしれませんが、心配なのはお肌のシミです。

人それぞれですが、ある程度ガングロを続けてからガングロを卒業した場合、ガングロではなかった人と比べて多くのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。

皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、花粉症の時のように、一日中何回も鼻をかんだりすると、そんな刺激によってすら、肌は薄くなっていきます。

皮膚の構造として一番外側は表皮です。

表皮はとても薄い層がいくつも重なってできており、傷がついたり摩擦を繰り返されると、表皮の層は摩耗していくといってもいいでしょう。

この表皮が薄くなってしまうと、そのすぐ下にある真皮までダメージが届いてしまいます。

そんな風に真皮が損傷を受けてその機能が低下してしまうと、肌を支えていられなくなって、シワやたるみが起こってしまうという訳です。

お肌のくすみを引き起こす要因として、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

ついお菓子を食べ過ぎてしまうと、フレキュレル シミみたいにどんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。

コラーゲンが糖に反応し、その働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンが糖化したといいます。

全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク