人間であることに変わりはありません

芸能人の肌をテレビで見るとシミなど見当たらない、美しいものです。

とはいえ、人間であることに変わりはありませんので、実は、肌トラブルに悩むことだってあるでしょう。

たくさんの人から見られる仕事ということもあり、人よりもずっと、努力を惜しまないでしょう。

そのやり方を参考にしてみれば、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。

アラサーと言い続けて5年、ついに私の顔にもシミがあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

私の場合は原因がはっきりしていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。

幼い我が子と雨降りの日以外は毎日仲良く公園に行き、子供の大好きな遊具や砂遊びでご機嫌な時間を過ごします。

お出かけの準備は戦争です。

子供の持ち物を揃えるだけで一仕事、そのため、自分の方はとりあえず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。

後悔先に立たずですから。

夏は誰でも肌を守ろうと努力していますが、意外と危ないのは秋から冬、それから季節の変わり目だと思っています。

こういった時期、肌の乾燥にはとても気を付けています。

ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、荒れて赤くなったりすることもあります。

こんな乾燥注意な時期、大事な肌を守るためのスキンケアはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、最近になって、化粧水や乳液など基本セットの他にオイルの使用も欠かさなくなりました。

オイルもいろいろありますが最近では特にココナッツがいい感じで、続けて使ってみています。

美白成分といっても様々ですが、シミに有効なのが何とと問われれば、それはプラセンタでしょう。

シミの元になるメラニンが沈着することを防ぐという働きをしてくれます。

それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、細胞の入れ替わりが活発になり、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。

健康な身体になくてはならない成分のコラーゲンの生成を高める効果もありますから、美肌ケアとしていいですね。

女性にとっては言うことなしです。

スキンケア真っ最中にちょっとしたことを考えつきました。

個人的には大発見だったのですが、それは肌の質が柔らかければしわがあまりできないのではないか、ということです。

ほうれい線とか目尻の笑いじわなどがこれは仕方がない、と半分あきらめつつ、気になっていたわけですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。

炭酸パックとしわの消失、関係あるのでしょうか。

若いうちから肌にこだわる人は、なかなかいないかもしれません。

どちらかといえば、肌に無頓着な人の方が多いようですが、肌のケアをほぼ放棄して、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?ですが、20代の肌にもシワはできるということは知っておいた方がいいでしょう。

シワが発生する、その主な原因は紫外線による刺激であったり、乾燥による損傷だったりしますが、それらのダメージが一日一日と積み重なって肌への影響を大きくします。

そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、なるべく20代のうちから、毎日の肌のケアをした方がよく、そうした積み重ねによってしか、美しい肌を長く維持するというのは難しいと言えるでしょう。

水やお茶で毎日2リットルの水分を摂ると全身の代謝を促進すると言われます。

お肌の内側からも、水分を補給しなければなりません。

水分が不足するとお肌の血行も悪くなり、老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

また、肌の奥から乾燥して、くすみばかりかシワも増加していくのです。

ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

乳製品の中でもヨーグルトは、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを多く含む食品です。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。

ビタミンBはお肌が生まれ変わるのに必要なエネルギー代謝を高める役割を果たしています。

そして、フルーツ酸には皮膚の一番外側にある角質層をゆるめ、角質層がはがれるのを助ける作用があることで知られています。

このような働きがシミやくすみのない健康なお肌にする効果を期待できるため、シミ対策のために、毎日食べたいものです。

出産を終えたばかりの女性の身体というのは妊娠中の状態とまったく異なり、ホルモンバランスも大きく変化するため、様々なトラブルに見舞われます。

中でも肌荒れ、シワの増加など肌のトラブルはよく目立つために、悩む人は多いです。

プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えたことで急に減り、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、お肌のターンオーバーを活発にし、シミのないお肌にするために大きく役だってくれます。

ただ、食べ方には注意しましょう。

朝に食べると、これから紫外線を浴びる時間帯なので、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。

ピンキッシュボーテ 口コミでもきれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいですね。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク